Q&A

1.日本語はどの程度できるの?

Q&A

実習生は来日前に現地送り出し機関の講習所に入所し、約6~7ヶ月かけて日本語と日本の習俗についての研修を受けます。

2.面接では何名の候補者から人選できる?

Q&A

面接の倍率はおよそ3倍です。
企業様の受け入れ希望人数の10倍以上の人材の中から職歴や家庭環境を厳密に調査した上でご希望人数の3~4倍の実習生候補者と面接していただきます。

3.会社で準備するものは?

Q&A

1.指導員を置くこと
2.社会保険への加入
3.安全衛生上、必要な措置を講じていること
4.生活必需品
5.実習生の宿舎

4.ビザ(在留資格)の更新はどうするの?

Q&A

実習生のビザは、有効期間半年です。
受け入れ半年後には期間延長申請を行います。
全ての申請は、当組合において書類を作成し、入国管理局へ申請します。また、書類作成費用は全て毎月の管理費用に含まれているため、印紙代のみご請求させていただきます。

5.深夜の仕事だけど実習生の受け入れはできる?

Q&A

原則として実習生には入国後6ヶ月間(介護職種は入国後1年間)早朝・深夜の時間帯に作業をさせることは出来ません。過去に深夜労働が発覚した企業に対し3年間の受け入れ停止処分が出た事例もあります。業務に関しては気軽にご相談下さい。

y[WTOP